まぁ結局なんででも飲めるのよ・・・


すぐ飲む
油揚げのトースター焼き
和風シーチキン
貝割れシーチキン
もずく酢
冷奴
温奴
豚こまともやしのレンチン

ゆっくり飲む がぶがぶ飲む 魚介類で飲む 鍋で飲む
キャベツのマリネ
なんでもきんぴら
ごぼう、
じゃがいも、ピーマン、レンコン、
大根の皮、セロリ

大根葉のおかか炒め
セロリの葉のじゃこ炒め
ジャーマンポテト
もやしのキムチ風ナムル
大根葉の漬物
(他の野菜でも応用してね)
ゆでもやし
アボガドと生ハムの和え物
アボガドのトースター焼き
じゃがいも鉄板

生ハム
ゆで豚

とりむね肉の酒蒸し
とりむね肉のハム
とりむね肉のたたき
とりむね肉のみそ漬
砂ずりののっけ盛り
豚の心臓のにんにく炒め
豚キムチ

とり胸肉のマヨパン粉焼き
とり胸肉のバター焼き

砂ずりともやしの炒め物
レバニラ
とりハーツとまいたけの炒め物

手羽先の塩焼き
手羽先のトウバンジャン焼き

餃子

とうふちゃんぷる〜
貝柱とレタスの炒め物

さんまの刺身

さんまのカルパッチョ
さんまの塩焼き
さんまの煮付け

きびなごの刺身
きびなごのオリーブオイルソテー
きびなごのしょう油焼き

さばの味噌煮
鮭のホイル焼き
もつ鍋
キムチ鍋
水炊き
とり団子鍋
とうふ尽くし鍋



すぐ飲む

油揚げのトースター焼き
油揚げ
@油揚げをホイルにのせて
いい感じの焦げ目がつくまでトースターで焼く。

Aおかかやねぎやしょうがを好みでかけて
しょう油かポン酢をちょっとたらして
できあがり。

すうさんの
「南関揚げパリパリに焼いて
ネギと鰹節をふりかけ醤油を垂らして
ぐいっと一杯!たまりまへんな〜〜。」
の酒好きなかきこで思い出しました。
油揚げでもできるのよ。
南関揚げの方がぱりぱりだけどね♪



冷奴
豆腐、ねぎ、かつお節、おろししょうが
豆腐を好きなサイズに切って、
かつお節、ねぎ、おろししょうがをのせる。

薬味は皆さん何をのせますか?

しそや、みょうが、梅干、わさび、卵の黄身
高級なとこなら
いくらやうに、キャビアもうまし!
逆にとうふが高級なら
塩で食べてもおいしいよ!

ぽいさんの薬味
醤油+ゴマ油+ネギ+かつお節がいいです。

イブ姉さんの薬味
中華ドレッシング+きゅうりの千切り

小さいのをいろいろ作って、
きれいに盛るとオシャレな感じです。



温奴
豆腐、とろろ昆布、ねぎ
@豆腐を好きなサイズに切る。

A耐熱皿にのせて、ラップをし、
レンジでチンする。

B水気を切り、
とろろ昆布とねぎをのせ、
しょうゆをかけて、できあがり。

一人暮らしでも、湯豆腐気分です。
あんかけにしてもおいしいです。



和風シーチキン
シーチキン、ねぎ
小口切りにしたねぎを、シーチキンにまぜる。
しょうゆで味をつけてできあがり。
ねぎはたっぷり入れるほどおいしいです。
小さいおかずに入れてますが、
私はこれメインで、ご飯2杯余裕です。

び、びんぼうだから・・・(T-T)・・・



かいわれシーチキン
シーチキン、かいわれ大根
根元を切って、半分に切ったかいわれ大根と、
シーチキンと、マヨネーズを混ぜる。

我が家の手巻き寿司の定番です。
トーストにのせてもおいしいです。
かいわれじゃなくて、
オニオンスライスでもおいしいですが、
かいわれ大根も一緒に入れると、
異様に辛くなる気がします。(・−・?)ハテ?


もずく酢
もずく
もずくはよく水洗いして、水気を切る。
二杯酢、もしくは三杯酢をかけて、
できあがり。

ええっと、二杯酢とか三杯酢とか、
わかんない方は調味料・ソースをみてね。

私もさ〜、二杯酢と三杯酢、
ごっちゃになってたもんねぇ。
(私だけ?)



豚こまともやしのレンチン
提供 のりこっちさん
豚こま、もやし
@皿にもやしを広げて、
上から豚こまを広げながらのせる。
少し塩を振って、ある人は少し酒もふって、
レンジで、チンする。

ポン酢をかけて
できあがり!

めっちゃ簡単!!
のりこっちさんが教えてくれました。
鍋とか洗わなくていいし、
包丁使わないし、安いし!

ねぎやニラなんかを彩りにしても、
よさそうですね〜。



ゆっくり飲む

キャベツのマリネ
キャベツ、酢、オリーブオイル
@キャベツは一口より小さめに、ざく切りし、
ビニールに入れる。

A上の洋風ドレッシングの材料を
少しだけ酢をおおくしてビニールに全部入れる。

Bもみもみしてなじませて、30分ぐらいおいて、
できあがり。

ビニール袋を使うと、楽に無駄なくできます。
一晩くらい置いても、おいしいです。
コショウやパセリなんか入れてもよし。

その他、生で食べられる野菜
(トマト、きゅうり、レタス、ピーマンなど)
何でもできます。



なんでもきんぴら
ごぼう、鷹の爪、ごま
@ごぼうはささがきにして、
酢水につける。

A鍋に油(あればごま油)を熱し、ごぼうを炒める。
ざっと炒めたら、いったん火を弱くし、
慌てて、しょう油、砂糖、好みで鷹の爪、
あれば酒を好みの量入れる。

Bすぐに火を戻して、汁気がなくなったら、
ごまをかけて、できあがり。
 
じゃがいも 提供ねおさん
太めの千切りにしたじゃがいもを、
水にさらして、Aからは一緒。
ねおさんの投稿でした〜。
ありがとうございます。m(._.)m ペコッ
皮はむかなくても大丈夫みたいです。
 
ピーマン
千切り、またはざく切りのピーマンで作る。
火がとおりやすいので、手早く作りましょう。
ごまじゃなくて、おかかでもあいますよん。
  
レンコン
レンコンはスライスして、酢水にさらす。
あとは一緒です。
しゃりしゃりしておいしいです。
  
大根の皮
大根を使うときは、厚めに皮をむき、
それを太めの千切りにして、使います。
これが、しゃきしゃきしておいしいんだ!
 
セロリ 提供ぽいさん
セロリの茎を、太めに切る。
あとはAからおなじです。

ぽいさんより

煮詰めすぎるとからくなるので、そこは適当に。
オツな味でシャキシャキしてて美味しかったですよん。

作りましたよ〜、おつですよ。
ありがとうございました〜。m(_ _)m 
 
野菜は大抵なんでもきんぴらにできます。
一押しは大根の皮。
捨てるところでもう一品がたまらんね〜。

さらに最近、高級一味(頂きもの)を多めにかけるのが、
マイブーム。



大根葉のおかか炒め
大根葉、おかか
@大根葉は1センチくらいに切る。

Aフライパンに油をひき、
大根葉を炒める。
ざっと炒めたら、おかかを入れ、
しょう油で味付したら、
できあがり。
 
ご飯のお供になります。
お弁当のご飯にかけてもいけてます。

そのお弁当を見て、
「貧乏くさっ」なんていう男の人とは、
結婚しないほうがいいと思われます。
調教が大変そうなので。
私なら「えらいなぁ、すてきだ!」
といってくれる人と結婚します。



セロリの葉のじゃこ炒め
セロリの葉、じゃこ
@セロリの葉は刻む。
フライパンに油をよく熱し、
じゃこをカリカリになるまで炒める。

Aセロリの葉を入れ、ざっと炒める。
塩しょう油で味付けして、
できあがり。
 
上の大根葉は、
これとおなじ作り方で、
「大根葉のじゃこ炒め」になります。

さらに、このセロリの葉は、
上とおなじに作ると、
「セロリの葉のおかか炒め」になります。

まあ要するに、どっちでもできますよん。

セロリの葉は、刻んでから冷凍してもいいですよん。
ブーケガルニの代わりになります。
しかも食べられます。  
            
あとミルクスープにもどうぞ。



ジャーマンポテト
じゃがいも、玉ねぎ、バター
@じゃがいもは皮をむき、
1cmくらいの厚さに切る。
玉ねぎは細めのスライスにする。

A@に塩をふり、レンジでチンする。
(ない人は次にいってね)

Bそれを、バターで炒め、
塩コショウで味をつけたら、
できあがり。
 
Bの時に、ベーコンを入れたり、
コショウは黒コショウをつかったりすると、
さらに本格的です。

じゃがりこ、ジャーマンポテトが出てますね〜。
あ〜、じゃがりこ食べだしたら、止まんないね。



もやしのキムチ風ナムル
もやし、おろしにんにく、ごま、ごま油、
キムチの素(もしくは鷹の爪、一味唐辛子)
@もやしに、塩、ごま、
キムチの素(すこしでいいです)をして、
手でよく混ぜる。
ごま油をたして、手で混ぜる。
冷蔵庫で冷やしたらできあがり。


(キムチの素がない場合、
一番辛くないのは、鷹の爪の輪切りです。
次はみじん切り。
一番辛いのは、
一味唐辛子で、どれも好みで混ぜてください)

『きっちんきっちん』ベル♪さんが、
お料理の命名をしてくださいました。

もやしはちょっと贅沢をして、
豆もやしを使うともっとおいしいですよん。
豆もやしの場合は必ずゆでてね。

普通のもやしもさっとゆがいたほうが、
青臭さは抜けます。

ビールに最高!!

ちなみに、きゅうりなど、ほかの野菜でもできます。



大根葉の浅漬け 提供 kazuさん
大根葉、昆布だしの素
大根葉はきざんで昆布だしの素とビニール袋に入れ、
もみもみして一晩寝かせて、
できあがり。

kazuさんからのアドバイス
以前、塩だけでやったらしょっぱくて
失敗しちゃったんですよ。大根の葉が少なければ白菜を
入れると味がまろやかになりますよ。


またしても大根葉のレシピが増えました。
大根葉は捨てないでね!
私は拾ってきます。
kazuさん、どうもありがとうございました。m(_ _)m 
応用
だいこん、かぶ、キャベツ、白菜、レタス、
貝割れ大根、きゅうりなどなど、よさそうな物どうぞ。

浅漬けのもと買ってる場合じゃないよ・・・

好みで、鷹の爪や、ゆずの皮、お酢、
お茶漬用昆布、ゆかりなど、
入れるとさらに味わい深いです。



生ハム
豚肉かたまり(モモやロースがお勧め)、砂糖、塩、粒コショウ
@豚肉は、フォークでぷすぷす刺す。
(味をしみやすくするため)

A砂糖を小さじ1くらいまぶして、すりこむ。
塩をちょっと多めにまぶして、すりこむ。
(全体にしっかり塩がつくように)
粒コショウもちょっと多めにまぶして、すりこむ。

Bしっかり空気を抜きながら、ビニール袋に入れ、
3日間冷蔵庫に寝かせる。
水分が出てきたら、ビニールをかえる。
以降Bを繰り返す。
2週間くらいしたら食べられます。
1ヶ月たつとかなりおいしいです。

お腹の保証はしませんが、
かなりおいしい生ハムできますよん。本物っぽい。

もし3日たっても水分が出ない場合、
塩を大さじ1くらい更にまぶしてみてね。
2週間以降は
あんまりビニールをかえすぎると、腐りそうです。
きれいな手で触ってね!

食べるときは半日冷凍しておいたら、
きれいにスライスできます。



ゆで豚
豚モモかたまり、もしくはバラかたまり酒
@豚肉は、フォークでぷすぷす刺す。
(味をしみやすくするため)

A砂糖を小さじ1くらいまぶして、すりこむ。
塩をちょっと多めにまぶして、すりこむ。
(全体にしっかり塩がつくように)
粒コショウもちょっと多めにまぶして、すりこむ。

Bしっかり空気を抜きながら、ビニール袋に入れ、
半日から3日間冷蔵庫で寝かせる。


Cお肉がぎりぎり入る、小さい目の鍋に、
肉を入れ、水をかぶるくらい入れる。
ぼこぼこになるまで沸かす。
沸いたら、ひっくり返して、
またぼこぼこする。

火を止めて、煮汁が冷えるまで、
そのまま一晩くらいつけて置く。

スライスして、できあがり。

注意!スライスしてみて、
    中が生だったら、チンして下さい。
    スライスしてからでも、かたまりのままでも、
    どちらでもかまいません。
    チンし過ぎに注意。かたくなっちゃうよぅ。
    中がほんのりピンクなくらいがおいしいよ〜。

サラダと合わせたり、ラーメンに入れたり、
パンにはさんだり、きれいに皿に並べてメインでも、
どれでもおいしいよ〜。

煮汁が冷えるまで入れておくのがポイント。
煮過ぎでかたくならないし、
肉が、煮汁を吸って、
やわらかくジューシーに仕上がります。



とり胸肉の酒蒸し
とり胸肉、酒(白ワインでもよし)
@とり胸肉は一口大に切って、
塩もみしておく。

A器に肉を入れて、酒をかけ、
あったら、しょうがやねぎ、パセリやセロリの葉を、
ちょっと入れる。(臭みけしです)

Bラップをして1分くらいチンし、
火が通っていないようなら、
うらっ返して、もう一度チンする。

Cそのまま冷めるまで置いておく。
冷めたら、手で裂いて、
できあがり。
(さらに一晩くらい冷蔵庫で寝かしたらおいしいよ)
 
もちろん、もも肉でもできます。
私はもも肉と、胸肉をいっしょにして作ります。
ちょうどいい感じです。

B番では、
ほんのりピンク色が残るくらいで大丈夫です。
Cで、冷めるまで置いておくと、
余熱で火がとおります。
しかも味が染み込みます。

もちろん蒸し器でもできます。
器ごと蒸してくださいね。

サラダとあわせても、つまみにでも、
棒棒鶏でもできます。
もちろんお弁当にも!
ちゅうかいっつもこれやし。



とり胸肉のハム
とり胸肉、砂糖、塩、粒コショウ
@とり胸肉は、フォークでぷすぷす刺す。
(味をしみやすくするため)

A砂糖を小さじ1くらいまぶして、すりこむ。
塩をちょっと多めにまぶして、すりこむ。
コショウもちょっと多めにまぶして、すりこむ。

Bしっかり空気を抜きながら、ビニール袋に入れ、
3日間冷蔵庫に寝かせる。

C3日間たったら、小さい小鍋で
お肉がちょうど浸かるくらいの水からゆでて、
大体火がとおったら、そのまま1晩置く。
スライスしたら、
できあがり。
 
某巨大掲示板で
話題の鳥ハム作ってみました!(結構ミーハー)
かんた〜んおいし〜い!!

砂糖をまぶすので甘いかと思ったら、
ぜんぜんです。とてもやわらく仕上がりました。
ちっともぱさついてないし。

こりゃ、クリスマスとかおせちにもよさそう。

ソースにこだわったり、
寝かせるときにハーブを入れたり、
好きな調味料を加えたりしても楽しいです。
とり胸肉のたたき
とり胸肉、砂糖、塩
@とり胸肉は、フォークでぷすぷす刺す。
(味をしみやすくするため)

A砂糖を小さじ1くらいまぶして、すりこむ。
塩をちょっと多めにまぶして、すりこむ。
好みでその他の調味料どうぞ。

Bしっかり空気を抜きながら、ビニール袋に入れ、
一晩冷蔵庫に寝かせる。

Cよく熱したフライパンで周りだけ
焼き目をつけたらスライスして
できあがり。
 
お腹の弱い人はお勧めしません。

粒コショウで作って洋風なのも、
ごまをいっぱいまぶして中華風なのも、
食べるときにわさび醤油で和風なのも
何でもいいわよ〜。
マヨでもオリーブオイルでもゆずごしょうでもよくあうよ。



とり胸肉のみそ漬
とり胸肉、おみそ
@とり胸肉は、フォークでぷすぷす刺す。
(味をしみやすくするため)

Aビニール袋に大さじ2くらいのみそと、
同量くらいの酒、
もしくはマヨ、もしくはヨーグルトをいれて、
よくもみもみして混ぜる。

Bそこにとり胸肉をつけて、
2晩、冷蔵庫で寝かせる。

C寝かせたら、よくみそをとって、
水でざっと流し、
トースターで5〜10分焼く。
もしくは、フライパンで弱火で焼く。
もしくはレンジでチンする。
できあがり。
 
トースターで5分だと、
厚みのあるところは生です。
焼けてる所は切って、もう一度焼いてみてね。
私はたたき風に生で食べましたが、
お腹の弱い人はだめかもしれません。
 
フライパンで
焦げ目をつけるのもよいかもしれないし、
トースターで
ホイル蒸しにするのもよさそうです。

残ったおみそはおみそ汁にしてね!



砂ずりののっけ盛り
砂ずり、玉ねぎ
@玉ねぎを薄くスライスして、水にさらしておく。

A砂ずりは薄くスライスし、塩をする。

Bしょう油、酒、少しの水を小鍋に沸騰させ、
砂ずりを入れる。
色が変わったら(火がとおったら)
すぐに出し、ざるにあげてあら熱を取り
冷蔵庫で冷やす。

CBで使ったゆで汁、玉ねぎも
それぞれ、冷蔵庫で冷やす。

Dよく冷えたら、玉ねぎを皿に盛り、
その上に砂ずりをのせて、
ゆで汁をかけて、できあがり。
(ゆで汁は味見をしてから、かけて下さい。
酸味がほしい方は酢などを入れてね。)

しそやみょうがの千切りなんかも混ぜると
見た目もきれいです。

のっけ盛りのくせに、ミツ○ン味ポンいらずです。
ゆで汁がおいしいです。
最後にかけるので、あんまり薄くしないほうがいいです。

あ〜、これで飲むビールがおいしいんだ!



豚の心臓のにんにく炒め
豚の心臓、にんにく
@豚の心臓は5ミリぐらいの厚さの一口大に切る。
にんにくも5ミリくらいの厚さにスライスする。

Aフライパンに油を入れ、火をつける前に、
にんにくを入れる。

B火をつけて、にんにくからよい香りがしてきたら、
豚の心臓も入れる。
塩、コショウで味付けする。

Cお肉に火が通ったらできあがり。

にんにくは、お肉と同量位たくさん入れると、
ほくほくしておいしいです。

次の日はお出かけだったり、
デートの場合は、食べてすぐと、寝る前は緑茶を飲んで、
(牛乳でも可)しっかり長風呂して、
歯磨きもきっちりして、朝もう一度シャワーを浴びてください。
ほとんど臭いは気にならなくなります。

にしても、皆さんのうちの近所に、
豚の心臓売ってますか??
熊本でしかまだ見たことないんだよなぁ・・・
スライスして売ってありますよ。



豚キムチ
豚肉(バラでもこまでも安いので)、キムチ
@豚肉はひとくちサイズに切る。
キムチも切れてないのはひとくちに切る。

Aフライパンをよくあっためて、
豚を炒め、火が通ったら、
キムチを汁ごと全部入れる。
味が足りないようなら、
少ししょう油などを入れる。
できあがり。
 
あ〜なんて簡単。
しかも味つけいらず。
豚じゃなくって、とりにくでもできます。

かどた、月曜日はキムチ一袋¥100です。



とり胸肉のマヨパン粉焼き
とり胸肉、パン粉
@胸肉を5mmくらいの厚さに切り、
耐熱皿に並べて、塩コショウする。

Aその上にマヨネーズを塗る。
さらにその上にパン粉をかけて、
トースターで5分くらい、しっかり焦げ目がつくまで焼く。
できあがり。
 
かんた〜ん!
このマヨパン粉焼きは何でも応用が利きます。
魚も野菜もできます。

ちなみにマヨが嫌いな方は、
パン粉にオリーブオイルを、混ぜてから、
かけて焼いてくださいね。
あ、多分パン粉にパセリを混ぜたらすんごいお洒落さん。



とり胸肉のバター焼き
とり胸肉、バター
@とり胸肉は、1cmくらいの厚さに切る。
塩コショウをし、小麦粉をまぶす。

Aフライパンを熱し、バターを溶かし、
すばやく、鶏肉を広げる。
焦げ目がついたらひっくり返す。
焼けたらできあがり。
 
すぐ焼けます。
焼きすぎはパサパサになってしまいますので、
気をつけてね。

とりむね肉って、安いけど、
一枚そのまま焼くと、パサパサするので、
焼くのはどうかなぁって思ってましたが、発見!
切ってから、バターで焼くと、
パサつかないですよ〜。
しかも1枚で1人分以上!



砂ずりともやしの炒め物
砂ずり、もやし
@砂ずりを、一口サイズに切る。

A砂ずりを炒める。
火がとおったら、もやしも一緒に炒める。
(もやしは炒めすぎないでね。すぐですよ)

B塩コショウ、しょうゆで味をつけて
できあがり。

くし切りのたまねぎで作ってもおいしいですよ。

私はときどき、
炒めるときに、ごま油を使って、しょうゆの代わりに
オイスターソースを使います。



レバニラ
とりレバー、にら
@レバーは、一口大に切る。
心臓がついているものは、真中で切って、
血のかたまりをとる。
下味に塩コショウをして、片栗粉をまぶす。
ニラは、4cmくらいに切る。

Aフライパンで、レバーを炒める。
レバーに火が通ったら、ニラを入れ、
ニラが少ししんなりしたら、
しょう油をかけて、できあがり。

レバーの臭みが気になる方は
一番初めに、次のうちどれかをしてくださいね。
上から順によく取れる方法です。

@牛乳に10分ぐらいつける

A酒に10分ぐらいつける

B水に10分ぐらいつける

どれもつけすぎると、
レバーのうまみも抜けてしまいます。

私は気にならないからしないのですが・・・
買ったらその日に食べたほうが、臭みがないです。

ニラと一緒にもやしを入れてもおいしいです。
さらに卵も入れて、レバニラ玉もやでも豪華。
それでも安上がりなメニューですね〜〜。



とりハーツとまいたけの炒め物
とりの心臓、まいたけ
@とりハーツを半分に切り、
中の血を出す。水で流してもよしです。
塩をさっと振っておく。
まいたけはばらばらにしておく。

Aとりハーツを炒める。
だいたい火がとおったら、
まいたけも入れ一緒に炒める。

B塩コショウ、
オイスターソース(なければしょう油)で
味をつけてできあがり。

砂ずりで作ってもおいしいですよ。

結構ご飯がすすむ!
しかも、酒もすすみます。



手羽先の塩焼き
手羽先
@手羽先は、
熱湯で、さっとゆでる。
(ゆで汁はよいだしが出ています。
捨てないでスープにしてね。)

A塩をたっぷり目にまぶして、
魚焼きグリルもしくは、オーブンで
しっかり焦げ目がつくまで焼く。
できあがり。

メインっていうか、つまみかも・・・
はぁ、ビールぅ〜〜という感じです。
でも子供も飲めない人もきっと好きだと思います。

最近、無印では、いろんな国のいろんなタイプのお塩が、
ちょっぴりづつ売っています。(¥250前後)
これのために岩塩買っちゃおうかと、悩み中。

応用編
手羽先のトウバンジャン焼き
手羽先
@手羽先は、
熱湯で、さっとゆでる。
(ゆで汁はよいだしが出ています。
捨てないでスープにしてね。)

Aトウバンジャンをたっぷり目にまぶして、
魚焼きグリルもしくは、オーブンで
しっかり焦げ目がつくまで焼く。
できあがり。
 
トウバンジャンをまぶす時は、
手ですりつけるのもよいですが、
ビニール袋に入れてもむと簡単、
手が汚れません。
ちょっとそのまま置いとくと、
味がしっかり染み込みます。



餃子
豚挽き肉3:玉ねぎ1:野菜1(野菜は、キャベツやニラ、白菜など何でもよし)
餃子の皮、ごま油、片栗粉
@玉ねぎ、野菜は小さく、みじん切りにする。

Aボールにひき肉を入れ、ひき肉だけでよ〜く混ぜる

B塩、しょう油、片栗粉、
その他油以外のお好きな調味料をいれ
(酒や、マヨや、ナンプラー、オイスターソースなど)
また混ぜる。

Cみじん切りにした野菜をいれ、
あればしょうがや、にんにくのすりおろしを少々をいれ、
ざっと混ぜて、
ごま油をいれ、これもざっと混ぜる。(野菜を入れたら、混ぜすぎない

D皮で具を包む。(ひだ無しでも大丈夫です)

Eフライパンに油をしき、強火で温まったら、餃子をのせる。
少し焦げ目がつくまで焼いたら、
お湯を餃子の三分の一くらいまで入れ、すぐふたをし、蒸す。

蒸気が出てこなくなったら、ふたを開け、
水気があったら、そのままとばし、弱火にする。
ごま油を全体かけ、パリっとなるまで、
焼いたらできあがり。

ついにおいしい作り方発見しました!

実は私、よく餃子病になるくせに、
いまいちな餃子も多かったんです。
毎回作り方を研究中して、
ついに発見です。

豚挽き肉ではなく、ぶたバラを自分でみじん切りにして作ると
もっとジューシーです。

野菜は、大根とかもいいかもって思ってます。

ちなみに、ばたばたママさん(節約倶楽部常連様)は、
キャベツの芯を使うそうです。
感動した私はそれ以来、
キャベツの芯はみじん切りにして冷凍してます。



とーふちゃんぷる〜
とーふ、卵
野菜、人参やキャベツ、ごーやなどなんでも
ツナ缶やコンビーフや豚肉などなんでもどうぞ
@野菜は薄めにスライスする。
豆腐は少し塩をして皿なんか乗っけて、
水切りする。

Aツナ缶を油ごとフライパンに入れ、
ざっと炒める。(お肉はよく炒めてね)

B野菜も入れ火が大体とおったら、
豆腐も入れ崩しながら炒める。
しょう油、塩などで味をつける。

Cとき卵を入れて、卵が固まったら、
できあがり。
 
卵なくても大丈夫です。
めっちゃ簡単。

びんぼーおーえる”もも”さんに、
ちゃんぷる〜は混ぜるって意味って教えてもらったよ。

ゴーヤを使う時に苦味が苦手な人がいる場合は、
薄くスライスしたあと、塩水でざっと茹でると、
かなり苦くなくなります。
マイルド〜な苦味になるよ。



貝柱とレタスの炒め物
貝柱、レタス
@レタスは手でひとくちにちぎる。
(包丁は使わないほうがおいしいです)

Aフライパンに、ごま油を引き、
よく熱したところに、貝柱を入れる。

B貝柱に火が通ったら(すぐとおりますよ)
レタスを入れ、少し塩をしてざっと混ぜて、
しょう油(あるならオイスターソース)で味をつけたら、
すぐ皿にもって、
できあがり。

貝柱は、安い冷凍のものです。
レタスとすごくあいます。
って、レタスはなんとでもよくあいます。

なぜか、これを作ると、あまり見ない炒め物らしく、
人に驚かれます。
レタスの色もきれいだし、
ちょっとおしゃれな気がする・・・・たぶん(笑)



さんまの刺身 1日目
さんま(ピカピカしたあたらしいの)
@さんまは3枚におろします。
(おろし方がわからない方は、写真付の、料理本を見てね。
結構簡単。でも骨が多いので、
骨抜きで抜いてね。
もしくはお店でおろしてもらって下さい。)

Aおろした身をスライスしたら、

できあがり。

最近は、スーパーの鮮魚係りで、
無料でお魚をおろしてくれます。
便利な世の中です。

この間、閉店間際のスーパーで、
見切り品になった、あじ2匹¥150を、
すっかり片付けていた鮮魚係で無理やり、
3枚に下ろさせていたおばちゃんがいた。
さすがだね・・・・

『さんまの刺身』なんていうパックは買わないです。
高いから。

余った骨は、みそ汁にしてくださいねん。

まな板に新聞をのせてから切ると、臭いがつきません。
そしてそのまま捨ててしまいましょう。



さんまのカルパッチョ 2日目
さんま
@さんまは3枚におろします。
(おろし方がわからない方は、写真付の、料理本を見てね。
結構簡単。骨が多いので、骨は抜いてね。
もしくはお店でおろしてもらって下さい。)

Aおろした身をスライスしたら、
塩コショウをして、レモン汁をかけます。
その上から、オリーブオイルをかけて、
できあがり。
 
さて、さんまの刺身をしたときに多めにしておいて、
前の晩から、オリーブオイルはかけないで、
冷蔵庫に入れておいて、
次の日は、カルパッチョにしてみてね。

中華風に、お酢とごまとごま油でもおいしいですよん。
白髪ねぎなんか乗っけたら、
あ〜ら、素敵な前菜!!



さんまの塩焼き 
さんま
@さんまは、半分に切る。
塩をふる。

Aフライパンにクッキングシートを敷いて、
火をつける。
そのうえに、さんまをのせて、焼く。
両面焼いたら、
できあがり。
 
クッキングシートを敷いて焼くと、あら不思議、
まるで、グリルで焼いたようにパリっとなります。
(フライパンも汚れないし)

さかな焼きグリルで焼くと、
煙いっぱい出ますもんねぇ。
(後始末大変だし)

新鮮なさんまなら、塩焼きにすると、
内臓もしょう油と大根おろしで、
食べてしまいます。
苦味がおいしいのよん。(お・と・な)



さんまの煮付け 
さんま
@新聞紙の上で
さんまの頭を切って、お腹を出して、
水で洗う。
そのまま3cmくらいに切る。(筒切り)

A鍋にしょう油、砂糖、酒を好きな味で入れて、
煮立たせる。
よく沸騰したら、さんまを入れて
ホイルをかぶせて(落し蓋)煮る。
煮えたら(結構すぐ煮えます)
できあがり。
 
あぅ〜お酒ですよ。
ご飯もすすむ濃い目の味で作っちゃった。

あれば、しょうがや梅干しを入れると、
臭み消しになります。
私は、さんまは新鮮だから
あんまり気にならないんだけどね。
しょうがしょう油を使うのも手です



きびなごの刺身
きびなご
@頭を包丁で切る。

Aお腹を手で割いて、開く。
骨としっぽを取って、
ざっと洗って、皿にきれいに並べる。
冷蔵庫で冷やしたら、
できあがり。
 
脂ののったきびなごはおいしいよ〜。
しかも安い!!

銀色がきれいです。
きれいなお皿に並べると、
身が透明なとこもあるからもっときれい。



きびなごのオリーブオイルソテー
きびなご
@きびなごに塩をする。

Aフライパンでオリーブオイルを温めて、
じゃ〜っと焼く。
粒コショウを振ってできあがり。

好みで、オリーブオイルを温めたときに、
にんにくを入れてもよいですよん。
出来上がったのに、
レモンや、パセリをかけてもおいしいです。



きびなごのしょう油焼き
きびなご
@きびなごをしょう油に漬けておく。
10分〜1晩くらい。

Aトースターかグリルで焼く。
できあがり。
 
トースターやグリルがない人は、
フライパンでもできますよ。

きびなごは旬の安いときに買って、
塩やしょう油をしてから、冷凍しとくと、
とっても、便利です。

解凍して焼くと、
お酒のつまみがすぐできます。



さばの味噌煮
さば(売り場でさばいてもらってね)
みそ、あればしょうが
@みそ、砂糖、しょう油、酒、水
あればしょうがで、
好みの味より少し薄めなだしを作る。

Aフライパンにだしを入れ、
熱くする。

B切り身で買ってきたさばを、
入れて、煮る。
煮詰まって魚が煮えたら、
少しだけ味噌をたして、
できあがり。

ポイントは、
魚は出し汁が熱くなってから、
入れるってことです。
水から青魚を煮ると、
ちょっぴりくさくなっちゃうかも。

筒切りとかにすると、
煮るのがめんどくさいので、
3枚おろしになった切り身のものを使うと、
超らくちんで早いですよん。



鮭のホイル焼き
鮭切り身、好みで野菜
@広げたホイルに、鮭を置く。
上から少し酒をふり、塩こしょうを振る。

Aマヨネーズ(チーズでも可)を塗って、
ホイルをくっつけないように、上のほうでとじる。

Bトースター(またはオーブン)で
15〜20分焼いたら、
できあがり。

好みで、もう一回ホイルを開けてから、
焼くとしっかり焼き色がつきます。
 
ホイルじゃなくて、クッキングシートでもできます。
そうするとレンジでもできます。割高だけどね。

味が足りなかったときは、
おしょう油や塩をかけてね。

下にえのきやしいたけ、キャベツなど、
よさげな野菜をおくとおいしいです。
お魚は白身魚なら何でもできますよ。

バーベキューのときにもおすすめ!!



なべもの

もつ鍋
キャベツ、ニラ、モツ(小腸を使ってください)、赤ワイン少し
あと好みでにんにく、鷹の爪少し、
豆腐、餅、ちゃんぽん麺、ご飯、卵
@もつは、下ゆでして、
ざるにあげ、流水でよく洗う。
(もし大きいようでしたら、切ってください)
気にならない人は生のままでいいです。

Aキャベツは一口大にざくざく切る。
ニラも4cmくらいにざくざく切る。


B鍋の半分くらいの水に、昆布だしの素と、
しょう油、薄口しょう油(なかったらないでよし)、赤ワインをいれ、
味見をする。ちょっと濃い目でね。
(しょう油1:赤ワイン1:薄口3くらいですよん)

Cちょうどいい味になったら、
にんにくスライス、鷹の爪少し、肉、キャベツ、ニラの順で入れ、
(豆腐、餅はキャベツのときに入れてね)
火をつける。
キャベツは、鍋に山盛りです。
倍くらいあっても、煮ていると、キャベツから水分が出て、
ちゃんとちょうどよく煮えます。

Dときどき少し上から押さえながら、
煮えたらできあがり!!
 
作り方がすんごく長くなってしまいましたが、
15分くらいでできちゃいます!!

土鍋より、中華なべや、フライパンなんかの、
薄めの金属の鍋を使ったほうがいいですよ。

もつはいろいろありますが、牛の小腸がおすすめです。
特にモツなんかが苦手な方には、おすすめ。
臭みも少なく、割とやわらかく、しっかりうまみがあります。
(ちょっと高いんだけど、一人100gもいらないと思う)
ちょっと小さく切って、キャベツと食べるとおいしいと思うよ。
一人でキャベツ半玉くらいいけそう。

ええっと、下ゆでした上に、
赤ワインを使うと、もっと臭みが消えます。
にんにくスライスは入れるべきだと思います。
私はにんにくがなかったので、にんにくしょう油で、代用しました。

最後は、ちゃんぽんか、卵雑炊でどうぞ!

このレシピは本当においしいけんね〜〜〜!!(博多っ子)



キムチ鍋
白菜(又はキャベツ)、キムチの素、豚バラ(又はとりもも)、にんにく、ニラ
豆腐、えのき、餃子、もちなど好きな具
@白菜、豚バラ、ニラなどの具は、
一口大に切る。
にんにくはスライスにする。

A中華だしの素と、キムチの素を入れて、
鍋に火をかけて、スープが熱くなったら、
味見をして、足りないなら、塩やしょう油を入れてから、
具を入れて、煮込む。

B煮えたらできあがり〜。
 
キムチ鍋もかんた〜ん。

キムチの素を使わないで、
キムチそのものを入れて作っても、キムチ鍋です。

野菜にキムチの素をからめておいてもよいと思います。

何入れてもおいしいよ〜。



水炊き
とりのぶつ切り(ないなら手羽でどうぞ)、白菜、とうふ、
昆布(もしくは昆布だしの素)、その他好みの鍋の具
@鍋に水と昆布(もしくは昆布だしの素)を、
入れ、火にかける。
沸いたら、鶏肉、白菜、とうふを入れ、煮る。
煮えたらできあがり。

A器にスープを入れ、
酢じょうゆや、あじぽんなどで味をつけて、食べる。
 
私はだいたいシンプルに作りますが、
ねぎや、マロニーちゃんや、きのこ類なんかを入れても、
おいしいと思いますよん。
贅沢なときはとり団子もいれちゃう。
とり団子の作り方は、
下のとり団子鍋とか豆腐尽くし鍋を見てね。

あじぽんは高いので、
みかん(すっぱめ)の絞り汁としょう油でもいいと思います。
あとは、レモンや、ゆずなんかの柑橘類は、
安いときに買って絞って冷凍しておくとよいと思います。

いや、私は密かにマヨとか使っちゃうんだけどさ。



とり団子鍋
とりミンチ、レンコン、卵、おろしショウガちょっぴり、
白菜、豆腐、昆布(もしくは昆布だしの素)、その他好みの鍋の具
@レンコンをすりおろし、
(私は面倒なので、フードプロセッサーでやっちゃう)
とりミンチと卵とよ〜く混ぜる。
1:1くらいです。
レンコンが少ない分は大丈夫です。
味付には、
おろしショウガちょっぴりと、みそ、塩を入れる。
その他、しょう油や酒は好みでどうぞ。

A鍋に水と昆布(もしくは昆布だしの素)を、
入れ、火にかける。
沸いたら、白菜、とうふを入れ、煮る。

B白菜がしなっとなったら、
スプーンで@をすくって、どんどん入れる。
団子が煮えたらできあがり。

C器にスープを入れ、
酢じょうゆや、あじぽんなどで味をつけて、食べてもよし。
 
このとり団子、レンコンのすりおろしが、
とってもポイントです。
なぜか、レンコンのすりおろしを入れると、
とり団子は、少々煮すぎても、冷めても、
かたくならないんですよん。
肉屋のおばあちゃんに聞きました。
(この肉屋では揚げてある!うま〜い)

もちろんレンコンは入れなくてもできますが、
その分、ミンチを買うと高くなります。

これは実は、おせちにも使えるんだよね。
そろそろ、おせちスペシャルレシピ、
作んなきゃね〜〜。

ちなみに、私は春菊も、水菜も大好きなので、
どちらかは、かならずいれます。



とうふ尽くし鍋
とりミンチ、卵、おろしショウガちょっぴり、豆乳
白菜、豆腐、昆布(もしくは昆布だしの素)、その他好みの鍋の具
@とりミンチと豆腐(2:1くらいです)と卵とよ〜く混ぜる。
味付には、
おろしショウガちょっぴりと、みそ、塩を入れる。
その他、しょう油や酒は好みでどうぞ。

A鍋に水と昆布(もしくは昆布だしの素)を、
入れ、火にかける。
薄口しょう油などで味をつける。(あんまり色がつかないように)
沸いたら、白菜、とうふを入れ、煮る。

B白菜がしなっとなったら、
スプーンで@をすくって、どんどん入れる。
豆乳を入れて、団子が煮えたらできあがり!
 
とり団子鍋とほとんど一緒ですね〜。
でもとり団子じゃなくて、豚しゃぶにしてもおいしいですよん。
今は豚が高いので、とり団子で・・・・(貧)

鍋に豆腐、とり団子に豆腐、そして豆乳です。
豆乳は、無調整の物を使ってくださいね!

煮てるうちにだんだん、分離してきます。
豆腐ができます。それが面白い!
くずっぽいんだけど、それが白菜なんかと一緒に食べると、
おいしいです。

普通の鍋に飽きたらどうぞ〜。