この時期の食材は、いろんな種類を買うので高くつくし余ったりもします。
とり団子を作ったときに、ついでに鍋もしてしまえばいいし、
がめ煮の材料となますの材料を使って、豚汁もできます。
12月末は、うまくお正月前の、食材を使いまわして、
安く乗り切ってくださいね。


とり団子
かずのこ
紅白なます
いろいろなます
たたきごぼう
えびの薄口しょう油煮
たまごやき
めんたいちくわ
がめ煮
手抜き博多雑煮
紅白かまぼこは、買ったら切るだけ!



買い物リスト
材料
たまご、もち、
ちくわ、紅白かまぼこ、こんにゃく、

とりミンチ、とりももハム、

尾頭付きえび、ぶり、
いくら(筋子)
、かずのこ、

人参、大根、れんこん
、ごぼう、人参、
水煮たけのこ、干しいたけ(しいたけでもよし)

白ごま、
おろしショウガ、かつお節、
調味料
塩、しょうゆ、薄口しょう油、酒、昆布だしの素、酢
砂糖、唐辛子の輪切り、マヨネーズ




とり団子
とりミンチ、レンコン、卵、おろしショウガちょっぴり
@レンコンをすりおろし、
(私は面倒なので、フードプロセッサーでやっちゃう)
とりミンチと卵とよ〜く混ぜる。
1:1くらいです。
レンコンが少ない分は大丈夫です。
味付には、
おろしショウガちょっぴりと、みそ、塩を入れる。
その他、しょう油や酒は好みでどうぞ。

A油で揚げる。
もしくは、しょう油を少し入れただしで、
煮る。
もしくは、お湯でゆでて、冷凍しておき、
正月前に、揚げるか煮るかする。
 
このとり団子、レンコンのすりおろしが、
とってもポイントです。
なぜか、レンコンのすりおろしを入れると、
とり団子は、少々煮すぎても、冷めても、
かたくならないんですよん。
肉屋のおばあちゃんに聞きました。
 
もしゆでて、冷凍される方は、
ゆで汁もいいとり出汁がでています。

一杯作って鍋もしちゃってくださいね!!
とり団子鍋

応用編
Aのときに
トースターのバットにきれいに伸ばして、
平らに焼いて型で抜く。

上にあおのりや、けしの実や、ごまなどを
振りかけてもよし。
ひし形や羽子板の形に切ってもよし。



かずのこ
かずのこ、しょうゆ、酒、昆布だしの素、
かつお節、ちょっぴりだけ砂糖、唐辛子の輪切り
@かずのこは、たっぷりの薄めの塩水に、
一晩つけておく。

Aだしを作っておく。
しょうゆ、酒、昆布だしの素、
ちょっぴりだけ砂糖、唐辛子の輪切り、水を混ぜて、
味見をしながらちょうどいい味にする。
それを火にかけて沸騰させ、
酒のアルコールを抜き冷ましておく。レンジでもOK

B一口サイズに切ったかずのこを、
かつお節と一緒にAに2時間ぐらいつけたら、
できあがり。

砂糖は本当にちょっぴりです。
入れすぎたら、まずくなります。
ちょうどいい味目指してがんばれ〜〜。

私はかずのこがないと正月が始まりません。
かずのこ大好き。
子孫繁栄・・・



紅白なます
人参、大根、酢、砂糖
@人参、大根は、
めんどくさいので、かなーり太めの千切りにする。

酢と砂糖は、思い出の味に、混ぜておく。
場合によってはだし汁や水が入るとこもあり。

A人参大根は別々にビニール袋に入れて、
塩でもみもみして、何時間か置いておく。

B水気を切ったら、混ぜておいた酢と砂糖に漬ける。
漬かったらできあがり。(一晩くらい)
 
子供のときって、あんまり好きじゃなかったです。
でも今は、正月になると、
なぜかやっぱりちょっとは食べたくなるんだよなぁ。

ちなみにうちの母のは、
酢も砂糖も、すんごいこゆかったです。
九州の人だからね〜〜。



いろいろなます
大根、酢、ハム、いくら(筋子でもよし)
@大根は、薄〜〜く輪切りにして、
酢と塩に漬ける。水気が出るのでちょっと濃い目。

A使った大根の水気を切り、
一口分のいくら(一口サイズにした筋子)を真ん中に乗せ、
パタンと半分に折る。
ハムは、大根よりひとまわり小さく切って乗せ、
パタンと半分に折る。
きれいに並べてできあがり。
 
薄く切った大根が透けて、
きれいです。
薄くできなくても、カナッペみたいに、
上に乗っけてるのもきれいです。

お正月の、紅白なますって、
余りやすいですが、これは大人気ですよん。

中に包む物は、皆様のアイディアで何でもどうぞ!



たたきごぼう
ごぼう、白ごま、酒、砂糖、昆布だしの素
@ごぼうは5センチくらいに切り、
太い物はたて4等分くらいする。
切ったらすぐ、酢水に、10分くらいさらす。(色白になります)

A昆布だしの素を少なめにいれたお湯で、
火が通るまで、ひたひたぎりぎりでゆでる。

B火が通ったら、酒1:しょう油1:砂糖1くらいを目安に、
味付をして、5分くらい煮て、
ごまをたっぷり絡めて、
できあがり。

え〜っと、味付のときは、
せっかく酢水につけて色白にしたので、
あんまりおしょう油色にしないように気をつけてくださいね。

たたきごぼうだから、ほんとはゆでた後たたくんですが、
面倒なので省略。ヾ(@^▽^@)ノわはは



えびの薄口しょう油煮
尾頭付きえび
薄口しょう油と酒を煮立たせたところに、
えびを入れ、色が変わったら、
すぐ裏返して、火を消して、
できあがり。
そのまま一時つけておいてください。
 
煮すぎちゃだめです。
だから、火はすぐ止めます。
そして、そのままつけておくと、
味も染みて、中まで火がとおります。



たまごやき
卵、薄口しょう油、マヨネーズ
昆布だしの素、ちょっぴり砂糖
@昆布だしの素は、
少しの水でよく溶く。
卵をとき、塩、薄口しょう油、マヨネーズ、
ちょっぴり砂糖と、水溶き昆布だしで、味をつける。

Aフライパンをよーくあっためて、油をひき、
まず@の3分の1をじゃーっと流しいれ、
はしでぐるぐる混ぜながら、
端っこに寄せる。

B火を弱くする。
残りの卵液を、4回くらいに分けながら、
流しいれ、(端っこのできた卵の下にも持ち上げて流しいれる。)そーっと巻いていく。

C全部流して、巻いたら、
側面も焼いてできあがり。

☆ある人は、巻きすで巻いて、形を整えて、
輪ゴムでとめとくと、きれいな形になります。
 
私は発見しました!!
ぽいさんから頂いた、梅マヨネーズを卵液に混ぜて焼くと、ふわっと、しかもほんのり梅の香りの、
上品な卵焼きができます。
今年の卵焼きはこれで決まり!!

でも実は、たまごやき下手なんだよね・・・・



めんたいちくわ
ちくわ、和風めんたいパスタの素(生タイプでも、ふりかけのでもよし)、
マヨネーズ
@マヨネーズと、めんたいパスタの素を混ぜる。
ちくわは、ちょうどいいサイズに切る。
(斜め切りがいい感じ)

Aめんたいマヨネーズを、ビニールに入れ、
かどを少しだけ切って、
そこからしぼり出すように、ちくわの穴を埋める。
きれいに入れたら、
できあがり。
 
辛子明太子は高いので、
めんたいパスタの素(生タイプ)で、代用です。

紅白かまぼこ高すぎ・・・・(T-T)シクシク・・・
普段は¥100以下なのに、ここぞとばかりに、
¥500くらいになってます・
だから、めんたいちくわだけにして、買うのやめようかなぁ。

ちなみに、福岡なんで普通にめんたいマヨネーズって、
売ってるんだけど、なんかおいしくないし、
やっぱし高いんですよぉ〜〜。



がめ煮
とりもも、ごぼう、人参、れんこん、水煮たけのこ、
干しいたけ(しいたけでもよし)
こんにゃく、酒、しょう油、砂糖
@干ししいたけは水で戻す。
(しいたけの場合はじくを取っておく)
ごぼうは、包丁の背で皮をこすってむいて、
斜めに輪切りにして、酢水につける。
人参、レンコンは皮をむき、輪切りにする。
たけのこもよく洗ってから輪切りにする。
こんにゃくは、手かスプーンで一口大にちぎる。
とりももは一口大に切る。

A鍋をよーく熱して、油をしっかりひく。
(焦げやすいので)
そこにとりももを入れて、ざっと炒め、
その他の具も全部入れて、ざっと混ぜたら、
水を8分目くらいまで入れて、
酒、しょう油、砂糖で味をつける。
(できあがり予想の味より少し薄めに)

Bあくを取りながら、煮る。
どれもしっかり煮えたらできあがり。
 
めんどくさい・・・・・
でもお正月だし年に一回の事なんで、がんばって、
人参は梅に、レンコンは花れんこんに、
こんにゃくは、手綱にしました。

がめ煮がないと正月が来た気がせんけんねぇ。



手抜き博多雑煮
もち、かつお菜、とりもも、ごぼう、人参、ぶり(切り身)
@かつお菜、とりももは一口大に切る。
人参は皮をむいて、厚めの半月切りにする。
ごぼうは、包丁の背で皮をこすってむいて、
斜めに輪切りにして、酢水につける。

A鍋に水を入れ、沸騰させて、
昆布だしの素を入れる。
とりもも、人参、ごぼうを入れて、煮る。

Bぶりは、グリル(トースター)でさっと焼く。
焦げ目をつける程度。

Cもちをトースターで焼く。
鍋にぶり、かつお菜をそおっと入れ、煮る。

D焼けたもちを器に入れ、
その他の具を上にきれいに盛り付けて、
スープを注ぐ。
できあがり。
 
はぅ・・・
年末のぶりは高くて買いきりませんでした。
というわけでうちはぶりなし。

でも一月いっぱいは、
雑煮大好きなので、雑煮ばっかり作ります。
具も適当。
ほうれん草だったり、白菜だったり、
大根だったりです。

ぶり、安いのみつけたら、
また雑煮しよう。